Liftware

「Liftware(リフトウェア)」は、グーグルが開発した、手の震えを自動で抑えて食事がしやすくなる食器です。手の震えがある人は、食べ物を口に運ぶのが難しいのですが、「Liftware」は手の震えを感知してそれを打ち消すように動くスプーンなので、スプーンの先は安定して食べ物がこぼれにくいんです。

USB充電できる乾電池

サンコーの「USB充電できる乾電池」は名前の通りなんですが、これがなかなかのスグレモノ。充電器が要らず、マイクロUSBの分岐コードを使って電力供給側のUSB端子一つから、複数(最大4個)までの電池を同時に充電できます。身の回りの電気製品では、まだまだ乾電池を使用するものが多いので、こうした充電式乾電池はいいですね。使い捨てでなく、何度も繰り返し使えるので、エコですしね。

 

大豆舞珠ぶろっく

「大豆舞珠ぶろっく(まめまーじゅブロック)」は、大豆から作られたチーズのようなものです。健康の良い栄養素を豊富に含む大豆の豆乳を、チーズのように加工した食品です。伊勢丹デパートで試験販売をしたところ好評で、開発した不二製油株式会社が本格的に量産販売をすることになりました。大豆から作られたカツ、ウニ、ツナのようなものも開発中だそうです。

 

BICKIDS カラーペン レインボーケース 12色セット

「BICKIDS カラーペン レインボーケース 12色セット」は、ケースを開くと虹のように見えるカラーペンです。

12色のカラーペンのセットで、ケースが180°ガバッと開きます。その時に、1本1本が入ったホルダーが連結されていて、順番に起き上がるので、12色のペンが扇やクジャクの羽のように広がります。

子供向け商品ですが、デザインなどを仕事にしている人にもウケそうですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BICKIDS カラーペン レインボーケース 12色セット
価格:1294円(税込、送料別) (2018/4/20時点)

かまどさん電気

炊飯用土鍋としてヒットした「かまどさん」。伊賀焼の厚手の土鍋でご飯を炊くと、じっくり加熱で美味しく炊けます。でも、土鍋でご飯を炊くのは、火加減など多少慣れが必要。さらにかやくご飯、おかゆ、玄米などを炊くとなるとそれぞれに経験が必要です。

 

そこで、土鍋をそのままセットできる電気炊飯器「かまどさん電気」が発売されました。白米、玄米、おかゆなどコースを設定するだけで、上手に美味しくご飯が炊けます。