サラ桑

「サラ桑」は、生で食べられる桑の葉です。桑って、絹の原料になる繭を作るカイコガの幼虫が食べる葉っぱです。元々は固くて、食べるとしても粉にしたりお茶にしたりという程度だったそうです。

 

ところが、桑を水耕栽培で育てると葉が柔らかくなり、しその葉や大葉のようにサラダや料理の薬味や添え物として使えるようになったそうです。栄養素もいろいろ豊富に含んでいる桑の葉、今後注目を集めるかもしれません。株式会社ストリーム(長野県岡谷市)が販売を始めています。

サラ桑

(画像引用元:株式会社ストリームのサイト)

 

高須克弥院長

「イエス、高須クリニック」の高須克弥院長が、民進党の大西議員と民進党代表の蓮舫
氏などを名誉毀損で訴えると言っているそうです。

 

大西議員がエステ店が系列の美容外科に顧客を引き渡す悪徳ビジネスが誇大広告で集客
している実態について議論してる時に、「美容外科が大量の陳腐なCMを流している。
イエス、〇〇クリニックみたいに・・・。」と発言したことに対して。

 

陳腐(ちんぷ)というのは、つまらないとかくだらないという意味です。はっきり言っ
てCMなんてほとんどがくだらない内容だけど、キャッチーで商品名や広告主を消費者
に覚えさせることに関しては効果的なものです。

 

陳腐と感じる人がいても仕方がないと思うのですが、それを裁判で争うなんてその方が
陳腐な感じがします。

 

高田明氏

高田明氏は、ジャパネットたかたのCMに少し前まで出ていた高くて大きな声の人
です。ジャパネットたかたの創業社長でしたたが、社長を勇退し、CMにも出なく
なりました。

 

ジャパネットたかたは、経営不振のサッカーJ2のV・ファーレン長崎を資金援助し
ていたのですが、株式を取得して子会社化するそうです。そして、高田明氏がV・
ファーレン長崎の社長に今後就任するそうです。

 

10年ほど前には、楽天の三木谷社長がサッカーJ1のヴィッセル神戸が経営破たんし
た時に、経営を引き継ぎ、楽天のグループ会社にしました。この事例と今回の長崎
の件は似てますね。

 

元々サッカーは企業名を出さないということになっているのですが、経営難に陥る
とやっぱり大手企業の支援を受け、有能な経営者に来てもらうのが有効な手段のよ
うです。